関西ゼロ年代映画祭

紅葉2008年/50分 /DV/4:3/カラー

■監督・脚本:山崎樹一郎| 製作:加納一穂|撮影:進巧一|BERT HUNGER|助監督:岡本隆|製作:シネマニワ■出演:藤久善友、横山倫子、金田麻紗子

●『紅葉』公式HPはこちら

◆山あいの集落でトマトを育て農業を営む落合桂。彼と共に暮らしている鈴木智は東京で政治活動をしていた。彼女は都会での生活を捨て故郷に帰り、この地で桂と生活している。桂はかつて酒で失敗をした経験を持つ。二年ほど酒を断っている彼だが、自宅の納屋で秘かにどぶろくをつくっている。ある日、智はそのどぶろくを見つけてしまう。何も言わない桂に、自分の思いを伝えようとする智だが、桂の言葉からは彼の思いが見えてこない。一方、桂は都会で暮してきた智に対し、この土地で一緒に暮していってよいのか小さな不安を抱いていた。

▲ページトップへ戻る